« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

2013/02/17

パパメイアンの移植 2/14

最近はノースポールもちらほら。

春になったら当たり前に咲いているけど
今はありがたい一輪。
暖かくなったらいっぱい咲きます。

その近くで今年最初のクリスマスローズ開花。
つぼみの発見から、ゆっくりと時間をかけて開きました。

  ...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

北風の通り道にあるペイントザタウン
なかなかお手入れできないでいたけれど
この日はいつになく無風で、ひなたはポカポカ!ということで
いよいよこちらも剪定、誘引。

この時期でもつぼみがあったり、ゆっくり咲いたり。
今までこれに甘んじていたけれど
切り始めると、放置しすぎて細かく枝分かれさせていたことが
間違いであったように思えてならなくて
かなり潔い作業ができました。
見た感じも、気持ちもスッキリ。
さて、今シーズンの咲き姿はどうなるかしら。
  ・・・2012年のペイントザタウンと銅葉のベゴニア・・・

枯れこんだ足元のカラミント(だったかな?)も切り戻し。
これは地上部がそうなっているだけで
春には再び若い芽が登場してくれるはず。

  ...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

気分がのって、あの大仕事を。
南の斜面ふもとから、パパメイアン2株の移植です。

  ・・・2012年のパパメイアン・・・

足元にはスイセンが芽を出している。
今回はパパメイアンの掘り起こしが主なので
スイセンは少々犠牲になってしまった、仕方ないわ。

それでも無事に救出できたスイセンたちは、新たな場所へ植えられました。
元々植えた数からしたら年を重ねて随分増えたように感じるので
プラスマイナスで言えばマイナスではないでしょう。

パパメイアンのうち、一つの大株は抜き取りにくかったけれど
小さな株の方も、どちらも、根張りがなかった。
切れただけ、という風ではないような。
今までこの根で過ごしていたのでしょうから
移植先でのショックが出ませんように。

掘り起し前に適当にカットしておいたけれど
移植先でも改めて深く切り戻して、、、棒だけ。
寂しいのでプリムラマラコイデスの霜降りピンクを1株づつ、一緒に植えておきました。

付近に去年植えっぱなしにしたらしきチューリップの芽も。
二年目のチューリップは咲くかわからないけれど
今はその芽の存在が嬉しい。

  ...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

株元に植えきれなかったスイセンは一鉢にまとめて。
鉢の中心に、まだ小さなこぼれ種ノースポールも一緒に。

  ...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

屋内で楽しんだシクラメン2株、外で放置されたままだった去年のシクラメン1株
の計3つのシクラメン
ポット苗くらいの小さなもの、花のエネルギーを消費して
葉もだんだんと少なくなっている。
多分屋外でも大丈夫かな~?と、地植えに。
あとは自然まかせよ。
来年咲いたらラッキー。

  ...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

ここのところ写真が少ないもので
過去のものから引用。
この機会に別の季節を覗いてみると
「そうそう、こうだっけ!」って、ワクワクしてくるわ。

  ・・・2012年の春・・・

2013/02/15

キンギョソウの植え付け 2/9 

別の株にもつぼみが見えてきました。
今度は濃いローズ。
斜面から移植していたクリスマスローズ

  ...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

駐車場の斜面に
キンギョソウ 淡いピンクなど 8
 花穂を切り戻したもの

斜面に埋め込んだ8号ほどの鉢二つへ
・エレモフィラ ニベア 1x2
・チューリップの白   8x2
・チューリップの黄色  3x2

チューリップは過去最高に芽出ししてしまったものを今頃!
咲くかしら。

作業中、斜面頂上のフェンスでグラハムトーマスが2輪咲いてるのを発見。
後で近寄ってみると、冷たそうに赤みが入っていました。
小さめの花。

  ...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

淡い色のキンギョソウ。

クリーム色や、黄色から薄ピンクのグラデーション。

購入から2週間経過しての植え付け。
すぐには植え付けできないと分かっていたので
早々に切り戻ししておいたものです。
涼しい玄関で長く咲いてます。

2013/02/06

4つのツルバラの誘引&剪定 1/21~2/5

 1/21
ウェッジウッドローズの剪定と誘引。
前回仕上げきれなかった高い部分のツルを完成させて終了。

アンジェラの足元は斜面なので、手こずるのを覚悟で。
大きなスタイルの変更なく程ほどにとどめました。
今年も小窓を飾ってもらう予定よ。
脚立が立たないので、どうにも手の届かない遠くへ伸びてしまったツルは
葉もついたまま、ご自由に。

  ...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

 1/23
ピエールドロンサールの剪定と誘引。
こちらはウェッジウッドやアンジェラと同じような日照条件なのに
数年経ってもグングンと育つ感じはない感じ。
今年もシンプルに作業終了してしまいました。

ドロシーパーキンスは我が家で一番の大がかりなツルバラなので
この日は剪定にとどめて。

 ...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

 1/24
ドロシーの誘引をするための、誘引紐の取り付け作業。
まずはパーゴラの天井(?)を渡る柱の所々に丈夫な紐をくくりつけておくこと。
後にツルを色々な方向に誘引した時にその都度手こずらないために。
ツル自体は麻ひもを使い、丈夫な紐に結んで誘引していきます。

  ...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

 2/5
前回の下準備から数回の誘引作業を経て、この日ようやくドロシーの誘引が完成。

  
  ...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。


1月上旬、今シーズン初のクリスマスローズのつぼみ発見。
この株は斜面から移植してきたものだからいっそう嬉しい!


1月下旬に咲き始めました。
まだ控えめな雰囲気。

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

フォト
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ