« 2013年6月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年7月

2013/07/20

ダリア・黒蝶 7/19

珍しく朝から厚い雲が空を覆ってる。
お洗濯物を干しておいて大丈夫かな、と考えるほど。

ということは、ラッキーな草取りタイムの到来。
やがて3時間、さすがに疲れたな~という頃
雨どころか、陽射しが当たり始め
仕方なく水やりをして作業を終えました。

風通しもあり、日中にしては久しぶりに快適だったわ!

気になってたタイムの花と、ラムズイヤーの花の切り戻しもできました。

  ...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

移植元年の開花を迎えます。
つぼみが開き始めたのは1週間前。

咲いた!
ダリア・黒蝶

2013/07/17

グラジオラス 7/14

駐車場の除草は少々で終えて。
グラジオラスに近づいてみる。

いつか植えて、今年も咲いてくれたもの。
日々の作業の途中で偶然掘り起こされると
適当に埋め戻されて。
だんだん移動(下降)してるような気がするね。

  ...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

裏庭へ回り、久しぶりに防草シート敷きの続き。
気がむかないと手を付けない作業なので、思い立った時がチャンス。
見た目は良くないけど、確かな防草効果が得られてるから
人目の少ないこちらには最適。

  ...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

アサガオ・茶々丸
いっぺんに4輪とは嬉しいわ!
まだ咲いたばかりのようで、折りたたみシワが残ってるでしょう。

2013/07/16

バタースコッチ 7/13

南のフェンスのあちらから雑草のツルが侵入してきてるのが
前々から気になっていたところ。

この朝は、いよいよそこへ出向いて除草作業。

少しはお楽しみもなくちゃ!ということで
付近のタイムを掘り上げてお持ち帰り。
簡単に採れるほどの根の浅いもの。

切り戻して更に小さくなったものを、アプローチの日影部分に仮植え。
タイムはいくらあっても嬉しいグリーンだから!
いっぺんに沢山とか、大株では大変だけど、ポツリポツリとなら楽ちん。

  ...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

咲き始めのバタースコッチ発見。
早朝。

ムッシーに先を越されているのが残念。

  :;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

その4時間ほど後。
日中。

咲ききって、かじられた穴も分からないものなのね。
早朝では咲き始めだった(写真上)もの。

2013/07/13

秋色アジサイ・西安 7/12

数日前の早朝作業で地植えにした、こぼれ種からのメランポジウム2つは
その日のうちにしおれてしまった。
ショック!
前にもそんなことがあったっけ。
こんなに暑い時にしてはいけなかったね。
来年以降、同じ失敗を起こしませんように。

  ...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

西安がオトナ秋色に変身中。

1か月前はこのようなピンクでした。
7月もそろそろ半ば、カットして来年に備えなくちゃ。

  ...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

この朝は門周りの作業を。

密になりすぎた赤のベゴニアの切り戻し。
いくつかのベゴニアの中でも1番に植えておいたものなので
ボリュームも1番。
日中この暑さが続くとさすがのベゴニアも疲れてるようだったので
さっぱりと。

植えたまま放っておかれたサーモンのジニア
花がら摘みと、栄養補給。
ついでに付近のヒューケラにも。

サークル花壇には斜面から収穫してきた小さなラムズイヤーたちと
こぼれ種からのエキナセアは花もつけている
まだ少し空いたスペースに、先日用意しておいたサーモンのジニアを
追加して植え付け。

  ...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

裏に回り、水やりを終えて。
6:30近くだけど既に強い陽射しを感じる。
日中暑いワケです。

これは確かウコン
最初は緑一色だったとような気がするけどいつからか白い点々入りました。
去年花を見たっけ?
暑すぎてじっくりと外に出られなくなってたから見過ごしているかも。

2013/07/10

アサガオ・茶々丸 7/8

予報の通り、夏到来。

本気でサマータイムを始めなきゃと決意。
日中の作業は困難になるので、早起きしようという考え。

初日(はりきって4:20起床)の植え付け作業。

アメリカンブルー 4
・ジニア 白     4

オダマキ(プランターに仮植えしたものを株分けして) 3

決意が揺らがないよう、土曜日に苗を購入しておいたの!
本来しなければならない作業は、草取り系なのだけれど。
初日はお楽しみ作業を盛り込んでみました。
さて、サマータイム続けられるかしら。

  ...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

去年初めてタネを取り寄せて咲かせたアサガオ・茶々丸
鉢の中にタネが潜んでいたみたい。
一つ、自然に育っているの。

今年初、開花。
早起きのご褒美かな!

この鉢は、去年南から真っ先に避難させたドドナエア・プルプレアを仮植えしたもの。
残念なことに失敗してしまったみたい。
もしかして再び芽吹くかも、と見守っていたのだけれど。
茶々丸は、その残した枝に絡んでいるの。

  ...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

そのごく近くでブルーベリー

残りわずか。
空からのお客さんに!

2013/07/08

ウェッジウッドローズの誘引手直し 7/5

一部枯れた疑惑のウェッジウッドローズ
ようやく枯れ枝の処理に取り掛かりました。
雨が去ったら猛暑が訪れると聞いたもので!

2本の太い幹に疑惑が持たれ、それらを地際から撤去することに。
まずは高所まで誘引された枝を払って。

次に地際。
ノコギリで、地面から20cmほどの長さで上とは切り離しました。
20cmの幹をしっかり掴んでなるべく深くから取り除こうという考え。
恐る恐る・・・少しだけ地面を探ってみたけど、怪しいムッシーは現れませんでした。
少しだけだったから?
土はフカフカだったから本当は何かいるのだと思う。
と感じつつ、深く追求できず。

ここからが肝心!と、いざ気合いを入れて問題の幹を掘り返そうと始めたところ
スコンと軽々ともぎ取れてしまった。
もう1本も。
傷んでいる感じ、1本は穴が空いてるからなおさら怪しいという証拠なのだけれど
やはりそれ以上追及できず。

次は、健康な枝の誘引の手直し。
年期の入った枝を撤去したことですっきりしてしまった壁面に
若い枝を誘引。
まさか、こんな時期にこの作業をすることになるとは。

作業中、初めて出会った害虫らしきムッシーはスプレーで退治。
後にイラガの幼虫であることを確認。
今までいなかったタイプのムッシーなのだけれど
どういうきっかけでウェッジウッドについてしまったのだろう。
ショックだな~!
そして全てを退治できているのか不安も残る。

  ...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

気分を変えて。

アナベルは花色をグリーンに変えています。

これでひと房なのだけれど
左側およそ半分が緑色で、右側は白い状態。
細い茎の割に頭が重たくて垂れているの。

2013/07/05

センニチコウの植え付け 7/3

こぼれ種からのセンニチコウだろうと信じていた芽が
まさしくセンニチコウであったことが判明。
赤いのがちょっと見えた株がありました。

去年苗を植えて、ひと夏楽しんで、
タネを含むだろうと放置しておいたのが良かったかも。

今沢山芽が出てるけど、自然の成り行きなので
夏花壇を作っておきたい今にはまだ幼すぎる状態。
それでも何かに生かしたくて!
先日、パイナップルミントを定植した地へ再び。

草を取った分、センニチコウの芽を植えていくという地味系作業。
同時に、プランターで増えていたアジュガも同様に。

アジュガは去年プランターで過ごし、随分増やすことができたので
それらを全て地植えにしたつもりだったのだけれど。
わずかにプランターに残していたようで
知らないうちにそれらが繁殖し、プランター半分ほどまで進んでくれたもの。
コチラもこの地に期待できるアイテムだわ。

  ...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

カサカサの花、ヘリクリサム・ボンボン

2013/07/04

枯れたの?ウェッジウドローズ 6/28

スカビオサ、長く咲いてます。



あちらの濃いピンクは切り花用キンギョソウ
春に高く咲いた花穂は随分前にカットしていて
それ以来、花の用意をしていてくれたみたい。
最近まとまって咲いてきました。

  ...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

丈夫と安心しきっていたウェッジウッドローズに異変発見。
一部の葉が黄変しているではありませんか。
黄色くなった葉のついた枝をたどると
中でも一番古そうな太い幹から出た枝にそれは起こっていたのでした。

よく見れば、黄色い葉を付けた枝の表面はしわっぽくて
枯れ始めているようにも見えます。
普段それほどじっくりも見てはいなかったので
変化してそうなったのか、前々からそうだったのかも分からない。
試しにカットして断面を見ると、全く水分を失っているわけでもなくて
枯れているのか判断に戸惑います。

もしかして、地中にイヤなものが潜んでいるかも。
と思いつつ、そちらを追及するのは怖くて。
本当は別の枝の為にも早いうちに原因を取り除かなくては
ならないのだろうことも分かっているのだけど。
未だに掘ってない。

この日は手の届く範囲で、黄色い葉を付けた枝を取り除くだけ。
脚立で壁面の高いトコロに誘引した枝はまた後日。

日に日に葉は枯れていく方向。
脚立でに乗ってカットしなくては!
そして空いたスペースに丈夫な枝を誘引してみよう。
お花もポツリポツリと。
また今度、そのうち。

花が少なくなりそうだから写真撮っておけば良かったな~。

  ...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

雨が止まないかな~と度々窓から外を眺めてしまう。

アンスリウムはLiberamenteちゃんの文化祭の出店で買ってきたもの。
丁度いいサイズ!

一緒に買ったバジルキッチンに。
ワタクシ以外、家族の誰もお好みでなく食べられないので
独り占めよ。
美味しいのに!

室内の植物は枯らしてしまうことばかりだったけれど
これらは今のトコ順調よ。
およそ1か月経過できそうなトコロ。

« 2013年6月 | トップページ | 2013年9月 »

フォト
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ